年末の恒例行事。

  • 2022/12/16
税務・会計の話

年末の恒例行事。

墨田区錦糸町の税理士事務所、糸井会計事務所の上野です。

 

12月も半ばを過ぎもうすぐ令和4年も終わろうとしていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

この時期になると始まるのが年末調整ですね。皆様の会社でも行われているのではないでしょうか。

糸井会計事務所でも顧問先のお客様の年末調整を毎年恒例行事のように行っています。

そもそも年末調整とはなんぞやなのですが、会社勤めされている方は毎月のお給料から所得税が徴収されて

いますよね?この徴収されている金額ってあくまで概算なんです。所得税は1~12月の一年間の所得に対して

課されるので12月支給のお給料(賞与のときもあり)まで待たないと一年間のお給料の総額がわからないので

所得税が確定しないのです。

なので12月支給のお給料が出たら所得税を確定させる→今まで概算で徴収していた所得税との差額を

精算(多く徴収していたら還付、少なく徴収していたら追加で徴収)するというのが年末調整なのです。

お給料のみの収入の方は多くの方が年末調整で終わりになりますが雑損控除・医療費控除・寄付金控除は

年末調整では控除できませんので確定申告が必要になります。ローン控除も1年目は確定申告が必要になります。

また2カ所以上から給料をもらっている方、給与所得以外に所得がある方も確定申告が必要な場合があります。

 

会社の経理の方は年末調整についてわからないことがあったりすると思いますので少しでも不安に思ったことや

疑問に思ったことは顧問の税理士事務所にお聞きになられてください。

従業員の方で自分は確定申告が必要なのかわからないときは聞けるなら会社の経理の方・顧問の税理士事務所に、

聞けないなら税務署の相談窓口でお聞きになられてください。

糸井会計事務所では顧問先のお客様の会計税務のご相談はいつでも受け付けておりますので顧問の税理士事務所を探している

or税理士切替を考えていらっしゃる代表の方はぜひ糸井会計事務所を候補の一つに入れていただけますと幸いです。

※糸井会計事務所は北海道や九州など全国に顧問先がございますので墨田区錦糸町に限らず全国どこでも対応可能です。

 

長くなりましたがこのあたりで終わりにしたいと思います。

 

皆様良いお年をお迎えください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。