舞台

  • 2018/01/18
糸井会計の話

舞台

墨田区錦糸町の税理士事務所 糸井会計の金城です。

1/14日曜日に向井さんの旦那様が脚本・出演する舞台を見に、築地市場まで糸井会計メンバー数人で行ってきました。

タイトルは「その血、あまりにも穢れすぎて」。

とてもインパクトのあるタイトルで、チラシの色はどす黒い赤い色に染められ、観覧するまで怖々としていました。

 

始まってすぐ!向井さんの旦那様演じる度迫力のオカマダンス。

面白かったです。広告とのギャップはたまりません。

 

内容はとても濃く、

舞台は福島県。

2020年のオリンピック開催国として進む日本だが、

6年経ってもいまだに解決が進まない問題を背負いながらオリンピック開催に挑もうとする銀ちゃんたち。

舞台の登場人物は4人程度でしたが、その一人ひとりの思いと原発に関わった人の人生は壮絶なものでした。

また、演じる向井さんの旦那様と土屋さんはとても迫力的。あの汗の量は凄いなと思いました。

テレビでは感じることができない、熱量を感じることができ、とても良い舞台でした。

 

歌にダンスに演出に演技、そして学歴どれをとっても優秀としかいいようのない向井さんの旦那様と向井さんは本当に素敵で才能あふれる方々だなと思いました。

また機会があれば他の舞台にも行ってみたいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。